スウィンぐるん開発裏話(3)

方針の補足の続き。

  • Asset Storeを活用する

積極的に使います!そのための Asset Store!
特に一人で作っている時は強い味方になってくれます!

スウィンぐるんでは

  • Console Pro
  • QHierarchy
  • SRDebugger
  • TextMesh Pro
  • UIWidgets
  • Vectrosity
  • Sci-Fi Arsenal
  • Universal Sound FX
  • SOUND ATELIER

を使っています。
※プロジェクト内にはこれ以外のAssetも入っていたりはするんですが、入れただけで使っていないものも結構あります。

Console Pro・QHierarchy・SRDebuggerは大体どのプロジェクトでも使ってます。
どれも有名Assetだと思うので、改めて説明する必要はありませんね。
SRDebuggerは最新のUNIBOOK6でも紹介されているので、気になった方はそちらを読んで見るのもいいと思います。
UNIBOOK 6 情報【C90 – 3日目西f-21a】 – 日本Androidの会 Unity部

TextMesh Proは当初使うつもりはなかったんですが、開発途中からメニューやメッセージが増え、メッセージごとにテクスチャを作るのが面倒になったので導入しました。
導入後はかなり省力化になりましたし、扱いも簡単なので今後他のプロジェクトでも積極的に使いたいAssetの一つになりました。
導入に際して↓のサイトを参考にさせてもらいました。
UnityのText Mesh Proアセットで日本語を使うときの手順 – Qiita

UIWidgetsはサクッとUIを準備したいときに使っています。開発中のUIで使っているのでスウィンぐるんのゲーム本編ではほとんど出てきません。

Vectrosityは周囲のリングロープを描画しています。
試作版のように部屋の中だったら壁でターンすればよかったんですが、今のような謎空間だと接触するものがないので急遽リングロープ的なものを配置しました。

160828_ロープ

Line RendererやCylinderを細長くして描画しても良かったんですが、ロープでバウンドする処理の都合、スクリプトから簡単に制御・描画できるVectrosityを使いました。

ちなみにバウンド時のロープの描画は、ロープを常に A、X、Bの3点でつなぐように描画し、ルン子が接触していない場合は X=Aとして、ルン子が接触した場合は接触点をXとして描画することでロープを曲げています。
160828_バウンド

Sci-Fi Arsenalはゲーム中のたつまき・シールドのエフェクトとして使っています。
パーティクルは自分で作り始めると時間泥棒になりやすいので、Asset Storeで雰囲気が合うのが見つかると非常に助かります。

Universal Sound FX・SOUND ATELIERは毎度助けられている曲&効果音集です。
DustShootersやPanzerStrikeの効果音にも使わせてもらってます。

ただ、どうしてもイメージと合う音が見つからない場合は自分で作っています。例えば宝石を開いたときの音はグロッケンシュピールをC5→C7と駆け上がっている音だったりします。
※ピアノロールはC7→C9になってますが、実際の音はC5→C7です。

160828_効果音

なお効果音もパーティクル同様に自分で作り始めると時間泥棒になるので要注意だと思いますが、合うものを探す時間もかなりかかるので難しいところです。

最後に使用を断念したAssetとしてEasy Save 2があります。
一部のテスト環境でMoodkieSecurity.dllがノートンで隔離されるケースが発生したためです。

データの保存だけなら特に難しいこともないので、スウィンぐるんではデータをJson+暗号化し、.NETのSystem.IO.File.WriteAllLinesで保存してますが、マルチプラットフォーム運用を考えるなら Easy Save 2 のようなマルチプラットフォームの保存に対応した Asset に任せるのが楽だと思います。
実際、スウィンぐるんの Windows Store アプリ版も検討していますが、セキュリティやランタイムが WinRT と変更になる都合、修正作業が発生してしまいます。

(続く)

スウィンぐるん開発裏話(2)

方針の補足を。

  • Unityを使う

ここ数年はUnityばっかり使っているのでUnityでFAかと。Asset Storeの援護もありますし。
付け加えるなら、今回のように短期間で完成させる場合は、Unityと自分自身の出来る範囲で作りきるのが重要だと思います。

  • リソースはDustShootersのモノを出来るだけ使う

新しいデータを準備+チェックする時間もあまりないので、出来るだけDustShootersのリソースを使います。元々DustShootersのゲーム内ゲームとしての実装も考えていたので、リソースは共通化した方が便利というのもあります。

ただ、実際は開発中にどんどん差し替わり、最終的にほとんどが新規データとなりましたw

 

データの種類 想定 実際
プレイヤー 既存 新規
背景 既存 新規
ステージ部品 新規 新規
エフェクト 新規 新規
既存 既存
UI部品 新規 新規
BGM 既存 新規
効果音 既存+新規 既存+新規

その結果、画面はこのような変貌を遂げました。

160827_画面なお、見た目は大幅に変わってますが、ロジックは試作版で作ったものをほぼそのまま使っています。

(続く)

スウィンぐるん開発裏話(1)

コミケには何か出したい、でもDustShootersは間に合わないということで、急遽作り始めたのが「スウィンぐるん」になります。DustShootersの作業を中断して本格的に作り始めたのが7/24からだったので、3週間でマスターアップというちょっと厳しいスケジュールでした。

コミケまでに間に合わせるための方針として

  • Unityを使う
  • リソースはDustShootersのモノを出来るだけ使う
  • Asset Storeを活用する
  • デバッグに時間のかかるゲーム内容は避ける

を立て、9つぐらいのゲーム案を検討し、最終的に今のスウィンぐるんのゲームルールに落ち着きました。

ちなみに試作段階ではこんな画面でした
まんまアレっぽいですねw
old_CluClu

(続く)

新作案内&C90夏コミ情報

残念ながらDustShootersではありません…
ステージの作成等でまだまだ時間かかりそうです。

新作のタイトルは「スウィンぐるん」です。
DustShootersに登場するキャラクタがとある別の世界で活躍します!
ジャンルとしては3Dクルクルアクション?でしょうかw
160812_sw_title

ポールを掴んでクルクル回って宝石を見つけていくゲームです。
えぇ、昔のとあるゲームをリスペクトしてます!
160812_sw_game1

迫力満点の主観視点でもプレイできます!
ただ3D酔いするかも…
160812_sw_game2

回れば回るほど回転速度も移動速度もガンガン上がって高速移動が可能に!
最大まで加速するとシールドを展開することも!
160812_sw_game3

今回も EasyGameStation さんのところで委託頒布させて頂く予定です
http://egs.cug.net/

 

UnityでXboxOneコントローラを使う…前に

UnityでXboxOneのコントローラを使おうと思ったら、Xbox360のコントローラとアサインが違っているのか…
とりあえず以下のような割当てだったのでメモとして書いておきます。

※2016/06/24 にスティック押し込みのアサインと軸の増減方向を追加

http://support.xbox.com/ja-JP/xbox-one/accessories/xbox-one-wireless-controller の画像を使わせてもらってます
XboxOneController

1 左スティック(X) X axis (左: -1 右: +1)
1 左スティック(Y) Y axis (上: -1 下: +1)
1 左スティック押し込み joystick button 8
2 LB joystick button 4
2 LT 3rd axis (Off: -1 On +1)
3 ビューボタン joystick button 6
4 USB充電端子
5 Xboxボタン
6 メニューボタン joystick button 7
7 RB joystick button 5
7 RT 6th axis (Off: -1 On +1)
8 方向パッド(X) 7th axis (左: -1 右: +1)
8 方向パッド(Y) 8th axis (上: +1 下: -1)
9 拡張端子
10 右スティック(X) 4th axis (左: -1 右: +1)
10 右スティック(Y) 5th axis (上: -1 下: +1)
10 右スティック押し込み joystick button 9
11 3.5mm端子
X Aボタン joystick button 0
Y Bボタン joystick button 1
A Xボタン joystick button 2
B Yボタン joystick button 3

あ、軸の反転は好き好きでー
スティックと方向パッドの上下の向きが違うので注意!