よく使うVisual Studioのショートカット

その昔、UnityVS のおかげでUnityとVisual Studioの連携が格段に良くなり、コード編集もデバッグも快適になりました。Debug出力は重かったけど…

現在はVisual Studio Tools for Unityが提供され、Unity 5.2 からWindows環境においてはVisual Studioが標準エディタになりましが、どうにもVisual Studioは出来ることが多くて使い切れない感があります。

おそらく便利な機能は沢山あるんでしょうが、私がコード編集時によく使っているショートカットはこれぐらいです。
※キーボードのマッピングは Visual C# 2005 です

コメントアウト Ctrl + E, C
コメントアウトの解除 Ctrl + E, U
VS内ファイルの切り替え Ctrl + Tab
Intellisenseの呼び出し Ctrl + Space
戻る(カーソル位置) Ctrl + -(マイナス)
次に進む(カーソル位置) Ctrl + Shift + –
全ての参照を検索 Ctrl + K, R
選択した関数の定義へと飛ぶ F12
名前の変更 F2

この中でも頻繁に使うのはカーソルの戻る・進むと全ての参照の検索です。
コードを行ったり来たりすることが多いので…

ショートカットとは違いますが、コードスニペットを使えばコード入力が楽になります。よく使う定型コードがあるなら独自のコードスニペットとして追加することも出来ます。
例えば私はenumeqcp[TAB][TAB]で以下のようなIEqualityComparerのひな形を作るスニペットを追加しています。まぁ滅多に使わないんですけどw

ちなみにコード編集以外にもUnite 2016でVisual StudioをImage EditorやModel Editor、Shader Designerとして使う方法が紹介されました。積極的に使うかどうかは別ですが、とりあえずVisual Studioでこんなことも出来ると覚えておいて損はないと思います。
Visual Studio 2015 & Graphics Design Tool

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です